銀行口座を振り分け

西のカナリア

「直ちに影響のないモノ」が降り注ぐ、宝石のように美しかった日本の自然と文化を保存するためのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◆「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」設立記者会見 [動画書き起こし要約]


「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」設立記者会見 2012.5.25 (約1時間)

細川護熙 理事長 「震災からもう1年数ヶ月になるわけですが、被災地ではいまだにがれきの処理に非常に苦慮しておられます。がれきをなんとかしないとなかなか復興が進まないわけですが、まあ連日のように報道されておりますようになかなかこれが厄介で前に進まないという状況ですが、
がれきを厄介者扱いするのではなくて、これを復興のために有効な資源として、あまり遠くに持ってたりするのではなくて、がれきの置かれているそれぞれの近くの所で有効に活用していくしか、有効な手立てはないのではないか?というのが、宮脇さんと私と始めからお話しているテーマでありまして、ちょうど2ヶ月前からそういうお話を始めました。

そして今日、ここに並んでいただいているような設立発起人の方々とお話をいたしまして、『瓦礫を活かす森の長城プロジェクト』と、-長城というのは万里の長城の長城でございますが-そういうものを立ち上げようと、財団法人ではございますが、立ち上げたところですが、今日2時半から設立総会をいたしまして、ようやくスタート台に立ったというところでございます。



5月25日に行われた「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」設立記者会見 の動画書き起こしをしました。
動画が約一時間と大変長く一部省略していますため、全体の内容は動画を見ていただきたいと思います。
(書き起こし本文は「続きを読む」以下より[敬称略])

5月以降、鹿島JVの二重カウント問題など、がれきに関する状況も流動的ですが、
この動画から読み取れることもたくさんあると思います。

この記者会見の時点では、プロジェクトメンバーは放射性物質についてあまり深刻に捉えていないように感じました。
それでも「燃やしても物質は無くならない、燃やしてはいけない」というスタンスには賛同します。
被災地であっても、がれきは燃やしてはいけないと思います。
放射性物質を含む有害物質ができるだけ漏れ出さない、そういう方法が検討され、
燃やして大気中に拡散させるのはなく、地下に封印できるのならそうしてほしいです。

前回の記事「瓦礫を活用し本物の森をつくり防波堤を築く方法 [動画書き起し]」でコメントしたように、
「放射性物質を含むがれきを拡散してはいけない」という国際社会では当たり前の考えが、
なぜ、一般の人々に広まらないのか?と考えてきました。
広告代理店の「絆キャンペーン」は人々の心に響くのに、がれきを心配する人の言葉が響かないのはなぜなのか。

2本の動画の書き起こしをしてみて気がついたのは、2つの大きな違いです。

「日本人の絆」のように、誰にでもわかる言葉を使っているかどうか
相手に共感してもらえる言葉を使っているかどうか


シーベルトとベクレルの区別もつかない、科学的なことが苦手な人たちに、
「8000bq/kgの根拠は」とか、「バグフィルターでガス化したセシウムが取れるのは何%か」とか、
いきなり専門的なことを言ってもわかりません。
わからない人たちに、「そんなことも知らないなんて信じられない!!」という態度をとっていなかったか。

お金や利権ののためには、被災地の住民もがれき受け入れ自治体の住民もどうなってもいい
がれきを燃やせば国会議員や首相になれるんだ!
というような権力者には厳しい態度を示さなくてはいけないでしょう。
でも、一般の人たちに対しても知らずに同じような態度をとっていたのかも。

そして「がれきをゴミと呼んでほしくない」気持ちは被災者にしかわからなかったのに、
被災した方々の気持ちを「わかったつもり」になっていなかっただろうか?

書き起こし作業をやってみて、そういうことがいくつか見えてきたように思います。
映像や音声では聞き流してしまうようなことも、文字にするといろいろ見えてきます。

意見が違う、気に食わないなどの理由で耳をふさぐのではなく、
耳障りの悪い意見にも耳を傾けていれば、気がつくことも出てくると思います。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

  1. 2012/08/15(水) 16:36:40|
  2. 大震災と地球環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆瓦礫を活用し本物の森をつくり防波堤を築く方法 [動画書き起し]


考・震災 ~森の力~ 2012.2/26 (13分)


そして今、この樹木や森が持つ驚くべき力を活かして、被災地の復興に役立てようとしている人がいます。
世界各地の森林を調べ、これまでに4千万本の木を植えてきた植物生態学者の宮脇昭さんです。

宮脇 「火事にも地震にも台風にも津波にも耐えて、今まで生き延びてきた故郷の木による本物の森。
森を支える、何を植えてもいいんじゃない」

― 土地本来の樹木による本物の森を育てて防波堤を作る「森の防波堤プロジェクト」
東北の沿岸300kmに、森の防波堤を築こうというのです。
しかも宮脇さんには一石二鳥ともいうべき、ある狙いがあったのです。
「森の防波堤」を築くという宮脇さん、そのもうひとつの狙いとは…




2月にサンデーモーニングで取り上げられた「森の防潮堤プロジェクト」の動画の文字書き起こしです。
(書き起こし本文は「続きを読む」以下から)

昨年の秋からずっと、原発事故があった周辺地域から物を持ち出して、
わざわざ遠くで燃やして埋めるのはおかしいでしょうと言い続けてきました。

でも、10ヶ月近く経ったのにもかかわらず、一般の人の賛同を得られないのはなぜなのか、
このところずっと考えています。
放射能汚染の少ない地域の大気や土壌に、放射性物質や有害物質をばら撒いてはいけないという
当たり前のことがなぜ一般の人に伝わらないのだろうかと。

もしかして、今までの伝え方では一般の人々の心には響かないのではないかと、
最近思うようになりました。
がれきに反対する人が過激でおかしな人々であるかのような、政府やマスコミの印象操作のせいだけではなく
何かが足りないのではないかと感じています。
そのヒントが見つかればと、今回書き起こしをしてみました。

私自身、震災前後の一時期ネットをお休みしていたために、
東京に滞在していた3月15.16日に放射性物質が降下していたことと、
3号機の爆発できのこ雲が出ていたのを知ったのは、8月末か9月始めごろでした。
春頃からの体調不良の理由がわかって、そのときは呆然としました。
だから、ネットをやっていない人が、どれだけ情報がないかというのもわかります。
いきなりホットパーティクルとか、フォールアウトとか言われてもわかりません。

がれきを現地で活用する「森の防潮堤プロジェクト」なら、推進派の思惑で分断されることなく、
情報のない人たちにも、がれきは燃やさないほうがよいことや、
がれきが足りないことを伝える、そのきっかけになるのではないかと考えています。

もちろん南東北や関東の土壌や食品での被曝の問題は残ります。
それでも、がれきの問題に関心を持ってもらえるきっかけになり、
広域処理を止めて汚染の少ない地域を守り、食料や子供達の保養地を提供できるならと思っています。
続きを読む

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

  1. 2012/08/08(水) 18:45:21|
  2. 大震災と地球環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 ↓気が向いたらクリックしてね。



「なかのひと」稼動中♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。