銀行口座を振り分け

西のカナリア

「直ちに影響のないモノ」が降り注ぐ、宝石のように美しかった日本の自然と文化を保存するためのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◆京都五山の送り火と岩手県陸前高田の松

こんばんは、愛理です。

今夜はお盆の最終日を締めくくる、京都の五山の送り火です。

夏の高校野球の決勝戦と大文字焼きは、
関西人にとって、夏の終わりの到来を感じさせてくれる大切な風物詩です。

ですが、今年は残念ながらマスコミの偏向報道
素直にゆく夏の風情を楽しめなくなった人も多いのではないでしょうか?


五山の送り火というのは、
大文字、妙法、船形、左大文字、鳥居形、の五つの山に灯される火で、

五つのボランティア団体により、一年がかりの準備の元で行われる大きな行事です。

送り火の薪はどんな松でもいいわけではなく、「赤松」という松だけが使われます。
松の選定、伐採、乾燥、薪割り、人力での運搬と一年かけて準備されます。

$六甲山麓里山写真館~田舎スローライフの風景~-初寅大祭の月02
(写真と記事は無関係です)


しかも、山の中で巨大なかがり火を焚くという、危険と隣り合わせの大変な作業なのです。

前日に平地に薪をトラックで運んでライターで火をつけるのとは、わけが違います。


新聞報道によると

最初は「放射能が検出されてないのに、やめるとはけしからん」で
いざ放射能が検出されたら、「京都にも少しは放射能が飛んできているんだから、それくらい我慢しろ」

でした。

どうしてもマスコミは誰かを「悪人」にしたいようです。


さんざん振り回された岩手のみなさんは、大変傷ついて辛い思いをされたのだと思います。
私などには想像もできないくらいでしょう。

高田松原の松への思いを否定するつもりもありません。

でもだからといって、

京都の子供たち対して、「万が一余分に被爆しても、我慢しろ」
と言う権利が、新聞社にあるとは思えません。


それほどいうのなら、新聞社の本社前に被災松を運んで送り火をたけばよいのです。

問題なのはマスコミが「京都ももう被爆してるんだから、少々増えたっていいじゃない」
という考えを全国に広めようとしていることです。



今度のことで新聞やテレビを鵜呑みにしてはいけないと、あらためてしみじみ思いました。



参考:「福島から京都に放射能が飛んできてることに怒って欲しかった」 小出裕章(京大助教)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/08/16(火) 19:45:00|
  2. 大震災と地球環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 ↓気が向いたらクリックしてね。



「なかのひと」稼動中♪

<<◆【ワン&ウォーク】雨の朝ウォーキングは冒険の旅♪ | ホーム | ◆【ワン&ウォーク】ミストサウナみたいな雨上がりの朝ウォーキング♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://westcanary.blog.fc2.com/tb.php/347-164b5dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。