銀行口座を振り分け

西のカナリア

「直ちに影響のないモノ」が降り注ぐ、宝石のように美しかった日本の自然と文化を保存するためのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◆大阪が震災がれきを受入れたいホントの理由


ごみ処理人工島「フェニックス計画」破綻 大阪市など2050億円回収困難 (1/2ページ)
2008.1.3 01:58

 近畿の自治体が、廃棄物処分地として大阪湾を埋め立てる「大阪湾フェニックス計画」の事業スキームが事実上破綻し、埋め立て地の護岸工事を担当した大阪市など4自治体の負担した総額約2050億円が回収できない可能性が高いことが2日、分かった。廃棄物処理法改正で、ごみで作られた埋め立て地の一部に工場建設ができなくなり、転売が困難になったためだ。この影響で、十数年後に必要になる次期処分場も目途が立たないのが現状。都市部のごみの行方を確保するため、事業の枠組みの見直しが緊急の課題となっている。

 フェニックス計画に基づいて設置された処分場は兵庫県尼崎沖、大阪府泉大津沖、神戸沖、大阪沖の4カ所、計499ヘクタール。事業スキームは、大阪湾内の処分場護岸工事を港湾管理者となる自治体が担当し、廃棄物の埋め立て終了後の土地を売却、護岸工事の費用をまかなう。昭和57年からスタートし、2府4県175市町村が参加した。

 計画に基づき、これまでに護岸工事をしてかかった費用は尼崎沖、320億円(事業主体・兵庫県)▽泉大津沖、310億円(同・大阪府)▽神戸沖、540億円(同・神戸市)と、建設中の大阪沖、880億円(同・大阪市)の計2050億円にのぼっている。

 しかし、平成16年に廃棄物処理法が改正。低濃度の有害物質を含む廃棄物などで埋め立てた「管理型処分場」の場合、土地形状を変更することが制限されるようになったため、緑地や運動場などとして使用できるものの、建築物を建てる工場用地などには適さなくなり、売却は困難になった。

尼崎沖と泉大津沖は、法律上、現状変更が可能で土地売却に望みがある環境に影響を与えない廃棄物を埋め立てた「安定型処分場」も併設しており、一部費用を回収できる見込みあるが、神戸沖、大阪沖はすべてが売却困難な管理型処分場。現在までに売却できた埋め立て地はゼロのうえ、法律上の制限のほか、人工島のため、土地利用をする場合は架橋やトンネル工事など新たな投資も必要。このままでは両自治体の護岸工事費の回収は絶望的という。

 一方、処分場4カ所のうち尼崎沖、泉大津沖の処分場はすでに飽和状態になっており、現在稼働中の神戸沖とこれから使用される大阪沖を含めても、平成33年度まで満杯になる見通しだ。新たな処分場を設置するには、環境調査や護岸工事に10年以上かかるため、次期埋め立て地を早く決める必要があるが自治体の負担が大きく名乗りをあげる自治体はないという。

 現状の計画が破綻しているうえ、将来の見通しが立たない状況を受け、現在、大阪沖に処分場建設中の大阪市は国土交通省に制度改善を求める要望書を提出。市は「港湾管理者となる自治体だけが財務リスクを背負って処分場をつくる仕組みは実質的に破綻している。ごみを排出するすべての自治体で分担負担する仕組み作りが必要」と指摘した。要望を受けた国土交通省港湾局は「当初に比べ社会情勢が変化しているのは事実。将来を見据えて、軌道修正が必要で善後策を検討している」としている。

 ■フェニックス計画 都市圏の過密な土地利用で廃棄物を内陸部に処分場を建設することが難しくなったため、臨海部の大都市とその周辺圏域の自治体が参加し、廃棄物で海面埋め立て人工島を造成する計画。廃棄物が土地としてよみがえることからフェニックス計画と名付けられた。当初は、首都圏(東京湾)と近畿地方(大阪湾)が想定区域だったが、首都圏計画は自治体間の足並みがそろわず凍結されており、大阪湾のみ計画が実現した
http://unkar.org/r/news/1199440670
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/080103/env0801030158000-n1.htm

【参考】
辻よしたかプレス
http://tsujiyoshitaka.wordpress.com/2008/01/05/フェニックス計画が事実上の破綻 土地売却の制/
大阪湾ムダ使い検証エコクルージング このままでは大阪沈没
http://www.pico-jp.net/pico/hiroba/ecocrue.htm


大阪府が震災がれきを投棄しようとしている
「大阪湾フェニックス計画 大阪湾センター」の廃棄施設は、

実は大阪府だけではありません。

兵庫県4ヵ所、大阪府3ヵ所、和歌山県1ヵ所の計8ヵ所で、連携しています。


姫路基地
〒672-8079姫路市飾磨区今在家字近藤新田1351番17地先
TEL (0792)43-1153
FAX (0792)43-1154

播磨基地
〒675-0155加古郡播磨町新島13-1
TEL (0794)35-9102
FAX (0794)35-9101

神戸基地
〒657-0853神戸市灘区灘浜町1番2号
TEL (078)881-1993
FAX (078)881-1994

尼崎基地
〒660-0087尼崎市平左衛門町70番地
TEL (06)6413-8770
FAX (06)6413-8780

津名基地
〒656-2132淡路市志筑新島
TEL (0799)62-5405
FAX (0799)62-5406

堺基地
〒592-8331堺市西区築港新町4丁4番
TEL (072)243-4931
FAX (072)243-4933

泉大津基地
〒595-0056泉大津市夕凪町地先
TEL (0725)31-1017
FAX (0725)22-2571

大阪基地
〒555-0041大阪市西淀川区中島2丁目10番100号
TEL (06)6477-3356
FAX (06)6477-3357

和歌山基地
〒640-8404和歌山市湊2675-26(住金構内)
TEL (073)455-8103
FAX (073)455-8104

http://www.osakawan-center.or.jp/center/kichigaiyo.html



大阪府・兵庫県が、がれき受入れに躍起になっているのは、
破綻したフェニックス計画の穴埋めをしたいからです。

資本金1億3,690万円なのに2050億円も焦げつかせています。
民間だったら3年前に倒産してますから。

これは橋下(元)知事だけがどうのというより、
「官」も望んでいるわけですね。

「がれきに含まれる放射性物質のことはわかりません、これから勉強します♪」
なんておっしゃってますが、すべてご存知なんですよね?

復興財源からの交付金はいくらか知りませんが(風のウワサでは数千億円)
多額の交付金で起死回生の一発を狙ってるんでしょう。

プロの臭いがプンプンする兵庫県三田市のえげつない情報操作の理由も、これでわかりますね。

ウチの里山は三田市のモロ風下なんで、ホットスポットになる可能性もあるわけで、
そうなると母の実家がある鹿児島に避難するしかないのですが、
鹿児島にもがれき受入れしたい連中がいるみたいですね。

どこまで国民を苦しめたら気が済むんでしょうか、この国は。

「事故そのものが収束に至った」っていうのは、
核燃料を回収し、完全に石棺化した時にいうことでしょう!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/12/17(土) 05:45:00|
  2. 大震災と地球環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
 ↓気が向いたらクリックしてね。



「なかのひと」稼動中♪

<<◆鹿児島県議会や兵庫県・三田市議会のがれき受入れの動き | ホーム | ◆【緊急】兵庫県三田市で、震災がれきを受入れようとする動き>>

コメント

Re: 転載許可

内緒様

ここに限らず、転載報告をする時は必ず転載先を書きましょう。
皆さんの活動を応援しています。
  1. 2011/12/18(日) 10:49:11 |
  2. URL |
  3. 愛理 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://westcanary.blog.fc2.com/tb.php/467-0ae6c6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。